<   2012年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧

e0249878_22441980.jpg
                                                   弘前城のお堀に浮かんだ桜川

いつまでも寒いですね
今夜は雪が降るそうです (>_<)
雪は雪で 好きなのですが
花咲く春も待ち遠しいです (花粉が無ければもっとね・・・)

桜のつぼみもまだまだ堅いのすが 春への期待を込めて
以前の旅で見た桜をUpしてみます。

More この記事の続きをご覧ください
by puntamama | 2012-02-28 23:44 | | Trackback | Comments(0)
e0249878_2391288.jpg

お城の堀で 獲物を狙うアオサギさん
草の影に上手に隠れてはいますが・・・

More このあとの顛末をご覧ください
by puntamama | 2012-02-26 00:23 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

オナガガモの食事

オナガガモさんには、いろいろな食事方法があります

その①
e0249878_21331447.jpg
水面で嘴をパコパコさせながら泳いで行きます。
浮いている何かを飲み込んでいるようですね
オナガガモは人慣れするので こんに近くに来ます (@@)

More この記事の続きをご覧ください
by puntamama | 2012-02-21 22:07 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
e0249878_22492247.jpg
こんなステキな水面でカイツブリが素潜り漁をしていました。


カイツブリは見ているとすごく面白い鳥なんですが
とっても小さい上に、チョコマカと動くので なかなかレンズでは追えません (>o<)
あっという間に潜ったかと思うと、どこに浮かんでくるかまるで見当がつかないんです。
浮かんだ瞬間 「ピチッ」 って鳴くのですが 「あっ居た! 」 と見つけた瞬間また潜ってしまう (笑)
でも、まるでモグラたたきのようで 面白くて好きな鳥です。

More この記事の続きをご覧ください
by puntamama | 2012-02-20 23:26 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)

難しい! 光芒撮影

e0249878_114647.jpg
19日夕刻の光芒です

ご訪問ありがとうございます (^。^)

google検索で この拙い写真をご覧頂くことが多いようですが
折角ご訪問いただいたのに本当に下手っぴな写真で申し訳ありません  m(ー_ー)m
我ながら一番納得できていない写真をご覧頂くのも冷や汗が出ます ・・・

この後も光芒(天使の梯子)を写し撮ることにチャレンジしております
他にもきれいな光芒を写しておりますので 記事の下方にある タグ 「光芒」 からご覧下さるととてもうれしいです。

使用レンズは極普通のCanonのキットズームでPLやNDなどのフィルターは今のところ使わないで撮影していますが
青空と雲が作る光芒はPLフィルターを使うとよりハッキリするでしょう

その後の僅かな経験から申し上げるなら
ある程度露出を絞り込んで(≒F10)焦点深度を深めるのが良いようです
まず露出を決めて、最初にAvモードで撮影してみてその結果を参考に
マニュアルニャルモードに切り替え、シャータースピードを上げたり下げたり工夫しています
またAvモードの場合、雲のどの部分で測光するかでかなり違った具合になりますので
いろいろな部分で試して気に入った色あいを探してみるのが良いと思います

「光」が被写体だけにSSは基本、かなり早く出きますので手持ちでも充分撮影できます
もちろん三脚使用でISO低い方が良いのですが、状況によって感度を上げてみて下さいね

ピントは空広く写す時は基本∞でもokでしょうが 
雲の一部や木漏れ日などは是非マニュアルでピント合わせして下さい
その方が良好です
カメラやレンズの性能にもよるのでしょうが 
雲や光線はオートフォーカスは不得意な被写体の様ですね (^*)

マニュアルFが苦手な方は、雲のコントラストの強い部分でAF効かせて下さい
ただし繰り返しになりますが、AFでかつAvモードの場合は、ピント合わせをした部分の雲の明るさで
かなり露出の度合いが変わってしまいますので マニュアルモードでSSを加減して下さいね


ひとつだけ必ず守って頂きたいのは 太陽をファインダーに入れて直接覗かない事です
特に日中、太陽がまだ高い位置に有るときは絶対にNO! ダメですよ
網膜を痛めてしまいますので 
少しでも眩しいと感じる時は止めて下さいね
カメラ本体にも良い事はなさそうですしね (Filmだったら燃えてしまうかも Oh!)
私は基本的に斜光の撮影ですが 太陽が見える時は
ファインダーから少し離れて角度もとって見るようにしています
慣れるとそれでも構図が判るようになります
もちろん液晶モニター利用でも良いのかも・・・

スマホや携帯のカメラはファインダーを覗かなくても良いし、焦点深度も考えなくても深いと言う
2つのメリットで夕日や光芒撮影には向いているツールだろうと思いますし、実際自分でも使っています
ただやっぱり太陽光線には注意して下さいね

夜景撮影や夕日などの 光源にレンズ由来の光芒を作る撮影は
やはり露出を絞ることではっきりしたキラメキを作れますが
今のところ参考にして頂ける写真がなくてすみません
このレンズ由来の光芒については もっとキチンと説明してあるサイトがたくさんありますので探して下さいませ

私は・・教室や講習会などで学んだことは無くて全くの自己流撮影です
「 試行錯誤もまた楽し!」 ですので 何度もトライしています
みなさんの撮影された光芒のお写真も是非拝見したいと存じます
宜しければコメント下さいませ

あまり参考になることも書けなくて申し訳ありませんでしたが
ご訪問に感謝です

これからも光芒(天使の梯子)ばかりでなく空や雲、夕景色の撮影は続けていきますので
ぜひまたお出でくださいませ (^_^)


ありがとうございました !!

More この記事の続きをご覧ください
by puntamama | 2012-02-20 01:09 | Trackback | Comments(0)
とても寒い朝、小鳥たちが高い梢で 登り始めた太陽の温もりを求めています。
高い位置ほど、いち早く日光があたりはじめる事を良く知っているのですね。
日向ぼっことは言えないほど頼りない朝の朱い光ですが 
凍える夜を過ごした小さな身体には なによりのプレゼントなのでしょう



e0249878_1191225.jpg
モズ

More この記事の続きをご覧ください
by puntamama | 2012-02-17 23:54 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)

赤いお鼻の バン さん

by puntamama | 2012-02-12 21:43 | 野鳥 | Trackback | Comments(2)
e0249878_22164724.jpg
水鏡に姿を映して、念入りに身繕いする雄のオナガガモさん 

More この記事の続きをご覧ください
by puntamama | 2012-02-10 20:04 | 野鳥 | Trackback | Comments(0)
e0249878_002384.jpg

凍てついた見沼自然公園の池。
黄金色の朝日を浴びてカモたちが活動を始めました
何もない極々フツーの池ですが、光の衣をまとったらとても綺麗に見えました

More この記事の続きをご覧ください
by puntamama | 2012-02-09 21:28 | 風景 | Trackback | Comments(2)

入り日に浮かぶ富士山

e0249878_104782.jpg

同じ4日。 「富士山」 を フューチャーして 
やっぱり 日本人です。 
遠くにでも 富士山が見えると 「あ、富士山!」 (笑)

More この記事の続きをご覧ください
by puntamama | 2012-02-08 23:58 | 風景 | Trackback | Comments(0)

生き物全般、草花、雲や風!自然が大好き! 光と眼差しを感じられる一枚が撮れたら良いなと思います。


by puntamama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29