小春日和の冬迎え  ー ユキムシ ー

横画像は左クリックで大きくしてご覧下さいませ

クリオネのような飛翔姿ですね

里山でもユキムシが飛びました
今回は少しじっくり撮影できました

北国のユキムシは
トドネノオオワタムシやリンゴワタムシが代表種だと聞きますが
埼玉西部の里山あたりではどうなのでしょう?
植林の杉などはありますが
寒冷地や高山の針葉樹であるトドマツは?
恐らく無いと思われます

柚子は沢山ありますが
リンゴなどバラ科の樹木は?
このユキムシは柚子の畑?の下でした

まぁ種類を考えるのは止めておきましょう (ーー;







この小さな翅で良く飛ぶものですが
疲れると?草に止まりじっとする子も




もう少し寄ってみます
ふわふわな白い蝋物質を沢山付けた子です


’毛’ ではなく、身体から分泌されたロウが伸びたものだと分りますね
掌に捕まえると人間の体温でこのロウが溶けて弱ってしまうそうです


背中側から
こう見るとアブラムシっぽいかな?


飛んでいる実際はこんな感じ (笑)





そうそう
この子たちはみんな卵を産むためのお母さんです

雄の登場は来春の孵化までお預け

emoticon-0140-rofl.gif  emoticon-0140-rofl.gif  emoticon-0140-rofl.gif



トラックバックURL : http://puntamama.exblog.jp/tb/23903915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 記憶もかすむカニのまぁ~たん at 2015-11-26 09:34 x
さぁ~て なんと呼んでいたか ワタムシだったかナ?
この虫が飛んで しばらくすると木枯らしが吹き やがて小雪がチラチラと・・・・
低血圧(たぶん!)で神経痛持ちだった少年時代を思い出します ブルブル・・・

こんなチッコイ虫を撮影されるなんて 私には発想も挑戦力もありません
Commented by kame-photo-2 at 2015-11-26 22:15
こんばんはです!
リベンジ、流石に綺麗に撮れてますね〜
やっぱりもっと天気のいい時に撮っておくべきだったな〜(笑)
まあ、天気が良くても飛び姿がここまで撮れるかどうかは・・・?ですワ(笑)
覚えてたら、また来年ですね〜(汗)
Commented by puntamama3 at 2015-11-26 23:23
カニのまぁ~たんさま、私の霞んだ記憶でもワタムシと言われてたような?(笑)
何匹か飛ぶ内の大きい個体だけを狙いました (^^;

雪虫という呼び方は多分、北海道などでの呼び方が北国の風物詩として
マスメディアに乗って全国に流布したのではないかと思ってます
だから関東以西の低地のものはトドネノオオワタムシなどとは違うのでは?
エノキワタアブラムシなどは初冬に限らず飛んでることがありますので
まぁとにかくアブラムシの有翅型ですね(笑)
Commented by puntamama3 at 2015-11-27 13:05
kame さま こんにちは
この日はお昼ころまでは日差しがありましたが
撮影は午後3時すぎで曇りの上、沢筋ですから寒くなり始めてました(--;
行きは同じ場所でのんびりおにぎりかじってたのですが・・・
日差しもほどほどあり、でもほとんどいませんでしたよ
飛ぶ時間帯があるのかもしれませんね
by puntamama | 2015-11-25 22:56 | 昆虫 | Trackback | Comments(4)

生き物全般、草花、雲や風!自然が大好き! 光と眼差しを感じられる一枚が撮れたら良いなと思います。


by puntamama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31