8月末 涼しかった森で  ー  エゾオナガバチ と 謎の不明種? ー

横画像は左クリックで大きくしてご覧下さいませ
 
    オオホシオナガバチ エゾオナガバチ ♀
      翅に褐色班がないのでエゾオナガバチと訂正いたします

森で最初に見つけたのは
倒木に集まる蜂たち
7月に クロコブフシヒメバチ の産卵を観察したばかりなので
直ぐにヒメバチ科の蜂の産卵行動だと理解できました

調べてみてこれは オオホシオナガバチ だと判明
その後、
専門のサイトなどを参考にしたの結果
良く似ているが、エゾオナガバチが正しいと思われます

ヒメバチ科
体長: 30~40ミリ
キバチの幼虫に卵を産みつける寄生蜂です

撮影 埼玉県南部 8月30日








 #1~3 ♀1

      産卵管を包んでいた鞘がクロス状になっているのが印象的です



     良く見ると、2本の鞘のうち1本は産卵管と一緒に木に刺し込んでいます


  # 4~5 ♀2

     こちらの♀は産卵管を鞘から出すことなく、包んだまま刺しています



   



     一回り小さいこれがオスのようですが・・・  翅に黒褐色班がありますね



   




      手前にかなり小さな♀もいます (後にボケいるのは#1~3の産卵中の♀)
       これが別種なのか、大小の個体差なのか分らないのです (ーー;
       また、面白い行動もしました
       どなたかご教示頂けると有り難いです




   



   10   どうも大きな♀が産卵している穴が気になってしかたない様子



   11



   12  とうとう大きな♀の下に潜りこんでしまいました!   




   13   ちゃっかり同じ穴、つまり同じキバチの幼虫に産卵しているということですよね?  
        
大きい方の♀、黒くて細いのが産卵管 茶色い2本が鞘です
        小さい♀の場合、産卵管と区別できる鞘は確認できません
        



   14  小さい方の全身です  ( 分りにくいですが、右下が身体を丸めて産卵中の大きな♀2 )
       翅に黒褐色の班があるのは ♂ と同じなのですが・・・



   15  小さい♀  



   16  産卵後に木から管が抜けない場合も? 何本かの置き土産もありました 
       これを残した♀は無事なのでしょうか?





トラックバックURL : http://puntamama.exblog.jp/tb/22366659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kame-photo-2 at 2014-09-07 23:14
こんばんはです!
これは絵になる蜂ですね〜
しかもピンも色合いも素晴らしい!!
勿論初めて見る蜂ですが・・雨が多いせい?かやたらと蜂が多いような(笑)
Commented by pastel24 at 2014-09-08 00:07
↑ ヤマボウシ この先、葉が色付き残り実が垂れ下がる頃の
独特な色合いが好きです

冷静に観察、撮影されたご様子、素晴らしく、繰り返し細部
拝見させていただきました。
特に、同一穴への二種?の産卵管が差し込まれた貴重な画像
一例ですとたまたまかも分かりませんが、興味津々です。

勝手な仮定ですが、小は大が探した産卵場所に便乗産卵する
としたら、他人任せの産院探しと言ったところでしょうか?
1&3の写真は木肌よりかなり奥に差し込んでいる様子が分かり
小の産卵管の長さでは役不足のように思われます。
しかし、13の写真はでは産卵管の先端が同じ場所に届くかナ
と連想させます。その辺も感知し便乗したとすると、侮れませんね
もう一つ、以下は想像遊びです
大の下部に出来たスペース、小にピッタリです。と言うことは
身近なところではカエルなどに見られる体外受精なんてことは
(大の♀が木穴に産卵後、小が♂精子を封入)無いですよね(笑)

秋の夜長、想像はただなので、たっぷり楽しませていただきました(笑)
Commented by みき♂ at 2014-09-08 01:34 x
こんにちは。
これはまた面白いシーンを撮られましたね!
しかも鮮明に!
13の写真など、外観も似ている2種の蜂が同じような格好で産卵していて、実に面白いです。
産卵管の湾曲振りも勉強になりました。
Commented by puntamama at 2014-09-08 20:32
kame さまこんばんは~
フォトジェニックでしょう?(笑)
産卵にはかなり長い時間を掛けていました
広場の倒木と残った株がロケーション、立ち位置も比較的自由になるし
モデルが大きいし、ジッとしていてくれるのでじっくり マニュアルPで! 
狙い甲斐がありました
こういうシーンに出会うと画作りを楽しみながら撮影できて嬉しいですね (^^

♀2は帰りがけに念の為もう一度見に行った時ですが
曇り日の夕方で、#5は F8.0, SS 1/80で撮影。
オート設定のISOが1000 にもなっていましたが
高画質に強い 6D ならではの画になってくれました (^^)

蜂多いですね 被写体にはなりますが・・・ --;
Commented by puntamama at 2014-09-08 20:38
pastel24 さん どうもです!
蜂につられてお出でくださいましたか? (笑)

かなり時間を掛けてじっくり観察できたんですよ!
大きいのも小さいのも何匹も一緒にいて 
大♀ > ♂ > 小♀ って大きさです
標的のキバチ幼虫が沢山いるのかどうか?
何故その場所が分るのかも不明ですが
同じ位置を複数の♀が気にするようでした・・・
流石に一ヶ所に2匹で同時出産はビックリですねぇ (笑)

そろそろ貴フィールドでも見つかるのではないでしょうか?
Commented by puntamama at 2014-09-08 20:45
みき♂ さん ありがとうございます!
公園はレク・エリアに親子連れは居ても、フィールドにカメラマンは皆無 (笑)
撮影はもちろん一人締めで、遠慮無くじっくり楽しめました (^^;
夏場はカメラマンに出逢ったことないです  (笑)

13 実は、状況がよく分るように若干トリミングしています ^^;
by puntamama | 2014-09-07 20:18 | 昆虫 | Trackback | Comments(6)

生き物全般、草花、雲や風!自然が大好き! 光と眼差しを感じられる一枚が撮れたら良いなと思います。


by puntamama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30