母は強し!  ー クロコブフシヒメバチ の 産卵行動 ー

横画像は左クリックで大きくしてご覧下さいませ  
     クロコブフシヒメバチ 産卵中の♀
e0249878_10431208.jpg
林道脇の貯木場で
TG-3だけ持ってカミキリでもいないかなぁ?

なんとこの蜂が飛んできて産卵を始めました

いろいろ調べてみた結果

クロコブフシヒメバチ

で間違いなさそうですが・・・
違っていたらご教示下さいませ

参考サイト: 東京23区内の虫 さん他
引用
ヒメバチ科ヒラタヒメバチ亜科フシダカヒメバチ族
非常に長い産卵管をもつヒメバチの一種。
細長い腹部の両脇がコブ状にやや盛り上がっているのが特徴
朽木内のカミキリムシの幼虫に卵を産み付ける寄生蜂


この♀は 産卵管を除いた体長が ≒20mm 近くありそうな印象でした






     カミキリを探している目の前に飛んできました
      産卵管の長さに、一瞬 Pastel24 さんのところで見させて頂いた コンボウヤセバチ かと思いましたが
      どうも違いそうです 
      帰ってから調べ直して クロコブフシヒメバチ だろうと ^^;
e0249878_19102623.jpg


     ウロウロ歩き回り、産卵場所(カミキリの幼虫)を探しているようですが・・・
e0249878_19174865.jpg


      気がついた時には、狙いを定めたようで既に産卵管を差し込むところでした
       早業です! どうしてカミキリの幼虫の居場所が分かるのでしょう!?
       脅威の凄技!!& 素晴らしいバランス姿勢です 005.gif 005.gif 005.gif        
e0249878_19221708.jpg


      横からみると・・・
       産卵管本体を鞘から抜き出しているようです
       鞘は筒状ではなく 産卵管を包み込むような構造ですね
e0249878_19274467.jpg


    ここまでTG-3で撮ってから、時間も少し掛りそうなので
    急いで車に戻ってCANON 6D を持ち出しました


   6   鞘は2本で出来ているようですね!
e0249878_19324945.jpg


     これは少し時間を戻して産卵管を鞘から出す瞬間が撮れていました
      良く見るとやはり、産卵管本体を包んでいる鞘は 2本 あるようです
e0249878_19335547.jpg
北海道農業研究センター (NARCH)小西和彦 さんの
 日本産ヒメバチ目録 

を参考にさせて頂くとやはり鞘は2本に別れていました
  


      完全に産卵管を差し込んでいます!
       恐らくこの中にいるはずのカミキリの幼虫に 只今産卵中 ですね 
       母は強し! 一心不乱です 
e0249878_19431760.jpg


      凛と張り詰めた美しい姿勢です
e0249878_19455224.jpg


   10  TG-3でピンがずれていますが・・・ 
       彼女の産卵場所です
e0249878_19471688.jpg




トラックバックURL : http://puntamama.exblog.jp/tb/22292724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kame-photo-2 at 2014-08-15 23:25
こんばんはです!
これはまた凄い絵の連発ですね〜
とくに9枚目、これがいいな〜・・
寄生蜂の能力・・・よくまあ幼虫の居場所がわかるもんですね〜
Commented by puntamama at 2014-08-16 00:09
kame さまこんばんは~
こういう思いがけない出会いをしっかり写し込めると嬉しいですね~~
こんな場所にこの子がいたんだ! という自分なりの発見も嬉しいし
なので ウロウロを止められません
それで 逃亡癖も収まりません 
只今、ただのフテクサレニャン状態ですが ーー;
Commented by みき♂ at 2014-08-16 04:14 x
こんにちは&お帰りなさい。
産卵管のなが〜い蜂の産卵は、私もずっと狙っていますが、未だに出会ったことがありません。
ここまで鮮明に撮られたのもすごいと思います。
Commented by pastel24 at 2014-08-16 08:13
衝撃のワンシーンを見てしまいましたね!
復帰早々の快挙に思わず拍手!! 
鞘から出した極細の産卵管、そして鞘の構造等々
確と見ることが出来ました
当り前ですが、超極細の産卵管は産道のためパイプ状に
驚きのナノテクノロジーの世界ですね
寄生幼虫の検知能力、そこへのピンポイント産卵
まさに神秘、且つ神業です。
あぁ~ いつの日か小生もこの目で一度みて見たいです。
最近は、らしき木材をチェックしているのですが・・・(笑)
Commented by puntamama at 2014-08-16 09:47
みき♂ さん こんにちは ^^
こういう出会いってまぁアクシデントのようなものですから ^^;
でも私、ビギナーのくせに出会いの運だけは強いと言われるので
多分そうらしいです (笑)
チャンスがあると撮影はシツコイですけどね ^^;
調子にのって運を手放さないようにしないと (笑)
Commented by puntamama at 2014-08-16 09:58
pastel さん こんにちは!
どうやって木の中にいる幼虫が外から判るのでしょうね??
とても不思議ですし、驚愕ですね!
そちらで見せていただいてから へぇ~~!って思っていて
いつか観察できるかなぁと思っていたのですが
こんな早くにチャンス到来
こんなこともあるのでウロウロキョロキョロが止められませんです ^^;

後から探すと他にも飛んでいたのですが、産卵を観察できたのは最初のこの♀だけでした
手前の見やすい位置で良かったのですがそれでもほぼ地面近く
うまく産卵状態を画角に入れようとあれやこれや
オバサン、人様に見せられる格好じゃございません ーー;

by puntamama | 2014-08-15 19:55 | 野鳥 | Trackback | Comments(6)

生き物全般、草花、雲や風!自然が大好き! 光と眼差しを感じられる一枚が撮れたら良いなと思います。


by puntamama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31