イチモンジセセリが可愛いなぁ (^^) &  STYLUS TG-3 Toug フィッシュアイコンバージョンレンズのレポート

横画像は左クリックで大きくしてご覧下さいませ   
      イチモンジセセリ  
e0249878_21270405.jpg
イワダレソウ のカーペットで 吸蜜中
可愛いなぁ

016.gif 016.gif 016.gif






   
e0249878_21295419.jpg


      ちゅ~~~~っ!
e0249878_21305281.jpg
#1~3 CANON 6D + CANON EF100mm f/2.8L Macro IS USM




    TG-3 TOUGH に フィッシュアイコンバージョンレンズ を装着して試し撮りです


   4   背景を取込んで  一般的な使い方ですね (^^;
e0249878_21321195.jpg



      アカツメクサ のポンポンのような感じを出してみました (^^;
e0249878_21344609.jpg


      田んぼ道に  農家の方が植えられた アーティチョーク のすっごく大きい花を画角いっぱいに! 
       球形の花なのに、これだけのピントが出せれば文句ないですね (笑)       
e0249878_21370853.jpg


      低い位置のクローバーにいた ツバメシジミ   ボケもまぁまぁ??
e0249878_21463620.jpg


      葉っぱの間に隠れていた ヤマトシジミ
e0249878_21484225.jpg
所謂 遠近感の強調の為ではないですが・・・
スーパーマクロとは違った絵になった??

      同じ子を CANON 6D + CANON EF100mm f/2.8L Macro IS USM で (^^;
e0249878_21500401.jpg


今日はあまり良い被写体も見つからなかった上に
曇天の悪条件、綺麗な画像は得られませんでしたが

しかし
作画のイメージをはっきり持ってシーンを選ぶと
なかなか良いアイテムだと思われます

う~~~ん 
これで飛翔を狙いたい!

041.gif 042.gif 041.gif





トラックバックURL : http://puntamama.exblog.jp/tb/22198282
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ブリくん at 2014-07-13 22:11 x
TG-3ですか!
めちゃめちゃ羨ましいです(笑)
コンバージョンレンズも含めてぼくも考えていましたw
Commented by puntamama at 2014-07-13 22:17
ブリ くん 速コメありがとう! (笑)
ずっと広角でで飛翔を狙いたい!と羨ましく思ってたんですよ (笑)
トンボも広角で撮りたかったし ^^;
でもおばさんは体力(身体的&お財布的)がないので 
これは良いカメラが出た!って飛付きました (笑)

なかなかイイですね ^^
Commented by kame-photo-2 at 2014-07-13 22:37
こんばんはです!
このTG-3、いいね〜
このコンバージョンがあれば高いフィッシュアイ買わなくてすむし(笑)
それに、フィッシュアイそんなに出番ないと思うけど・・
何が良いってこの超マクロ・・・極小を撮るにはもってこいですね〜
これをとるか50mm以下のマクロを買うか(笑)
Commented by puntamama at 2014-07-13 22:57
おや? kame さまがコンデジを褒めた!? (笑)

実はトンボを撮り始めてからずっと フッシュアイが欲しかったのです (笑)
私も古いコンデジを持っていましたが・・・
この手の機材は目覚ましく進化していますね ^^
Commented by umajin at 2014-07-14 12:52
こんにちは!
超広角や魚眼で撮影すると、周りの景色も写し込めてどんな所にいたのか?分かっていいですね!
チョウなどの飛翔写真も素晴らしいと思うのですが、
昨春、ヒメギフチョウを撮影に行った時、中々止まってくれない、
止まっても一瞬で飛んでしまうヒメギフチョウをひたすら待ち、
やっと止まった個体を撮る事ができました。
しかし、後から来た輩が超広角を使って飛翔写真を撮り出しました。
ご存知の通り、超広角なのでそれなりに接近しないと大きい絵は撮れません。
目の前に飛んできたヒメギフチョウをカメラを振り回して追うのです!
唖然としましたね・・・。
当然、チョウは驚き慌てて逃げていきます・・・。
撮影スタイルは人それぞれとは分かっていますが、
先にマクロ撮影や花止まりの撮影している方の近くに後から来て、
やって欲しくないと鼻息が荒くなりました。
(飛翔写真の方が先着なら、花止まりは諦めます)
飛翔写真をやりたいと仰っているママさんにこんな事を書いて気分を害されるかもしれませんが、
ママさんは、そんな事はしないと思っているので敢えて書かせてもらいました!
すみません・・・。
Commented by puntamama at 2014-07-14 21:31
うまじんさん 真摯なコメント有り難うございます
気分など害していませんのでお気になさらずに!
私も真摯にお返事を試みます

私は特に希少種を見たい撮りたいと言うことではなく
昆虫との遭遇履歴の写真を撮りたい訳でもなく
身近な生き物と向き合う事が好きなのです
ですからBlogでも同じ種類が何回も登場しているはずです
(もちろん希少種に会えればそれはとても嬉しいことですが!)
FishEyeがあると、普通種でも様々なシチュエーションが想定できるので今からともて楽しいのです
飛翔写真と言えどもただ画一的なことだけを考えてはいませんよ
要するに何をどうイメージするか?ではないでしょうか? 
下手な私が思うように撮れるかはまた別問題ですけどね (^^;

ヒメギフでは厭な思いをされたのですね?
気持ちはとても良く分かります。
お互いの気配りはとても大切ですよね!
ただ私も敢えて言わせて頂きますと
> 先にマクロ撮影や花止まりの撮影している方の近くに後から来て
> 飛翔写真の方が先着なら、花止まりは諦めます
正直これには少し違和感を覚えます
つまり気にされているのは人間の都合だけですよね?

↓ に続けさせて貰います 
Commented by puntamama at 2014-07-14 21:32
続けます

本当に蝶?自然?を愛しているならまずそちらの都合が先の問題ではないでしょうか?
地面に生えている植物(食草?)にだって気を配る必要があるのでは?
イケナイことは自分たちの都合ではなく単純明快にイケナイのです
先着だろうが後着だろうが、私なら状況によってはそちらのことを注意します

追い掛け回すことは確かに蝶への圧迫でしょう! 
しかしそれを言うならマクロの大きなレンズを向けるだけでも虫たちには大いなる脅威なはず
どっちみち50歩100歩なんです! (だからと言って追い掛けないですよ ^^;)
あのチーカマだって私を威嚇しています ーー;
私は逃げる個体は追いません
ちょっとだけこちらに興味を持ってくれた子、度胸の良い子に「悪いけどちょっとお願い!」と思いながら撮っています
常にそのことを忘れずに”撮らせて貰う”と言う気持ちを大事にしたいものです
長々と失礼致しました m(_。_)m
これからもどうぞ宜しくお願い致します
Commented by puntamama at 2014-07-14 21:53
この記事のコメントを読んで下さった方皆様へ
「何を偉そうに!」 とお思いかも知れませんが・・・
今回図らずもうまじんさんが問題提起をして下さったお陰様で
少し思うことを述べさせて頂きました

鳥にしろ昆虫にしろ、はたまた花々にしても・・・
野生の生き物はすべからず生きるべくしてその場に生活しているのです
「決してカメラマンの為に居る訳ではない!」と思っています
様々な意見もお有りかも知れませんが
この事だけは間違っていないと思います

私自身、配慮が足りなかったり、無知だったり
色々とイケナイことをしてしまっている現実もあるのだろうとは思いますが
自戒の意を込めて
「観察させて貰う!」「撮らせて貰う!」と言う気持ちを改めて意識したいと思いました

改めてうまじんさんに感謝致します 
Commented by umajin at 2014-07-14 22:55
こんばんは!
ご意見ありがとうございます。
人によって色々な考えがあると思います。
私が述べた「先、後」も、ママさんが仰っている通りだと思います。
これは撮影スタイルだけで人間の勝手な話しですね。
ママさんの仰っている「ちょっとだけ」も、大切な心がけと思いますが、
チョウからすれば、それも人間の勝手な都合ですね。
あまり、掘り起こしても切りがありませんが、
商売の為、標本の為、写真を撮る為…。
最終的には全てが人間の自己満足だと思います。
ただ、私らは写真目的なので、乱獲したり殺したりはしません。
でも、下草は踏みつけてしまっている事は事実。
山が好きだから登山をする…。これにもこんな事が書かれていました。
登山道を歩く際、少しでも登山道からずれてしまい下草を踏んでしまうと
下草が無くなったり、崩れたりして段々と登山道が広がっていきます。
本当に山を愛しているなら、登山しない事と。
でも、山が好きだから登山をしない、自然が好きだからフィールドに入らないは無理ですよね?
ママさんが、仰っしゃる、「観察させて貰う!「撮らせて貰う!」と言う気持ちは
改めて意識したいと思います!
Commented by puntamama at 2014-07-14 23:13
うまじんさん ご返答ありがとうございます!
そうですね 突き詰めると人間の行為そのものが邪魔なんです
ン十年前に山登りや、調査でフィールドを歩いていた自分が言うのもなんですが
いつもそう思いながら電気を点けPCを動かし カメラを持ちだし車をに乗るのも止められず (笑)

少しでも自戒しながら自然と向き合う人が増えれば良いのですけどね ^^
標本、殺す 云々もそうなんですが・・・
物事そんなに単純じゃない
今、我々写真目的の輩があの種、この種と言えるのも
過去の累々とした調査研究に追っている事もお忘れ無きように
まぁ 現代に於いての自己満の乱獲はどうかと思いますが ーー;

Commented by 辺蟲憐 at 2014-07-16 00:18 x
基本自然への畏敬だと思いますので 組立としてまず自然を知ろうとする事だとして 少し別の視点から歯に衣を着せずにカキコさせて頂きますと 昔 採集者の密度が高い状態をチャンバラって バカにして言ってたもんです。
センサーサーベルのチャンバラも似た様なもんです。
少し意識の高い採集者であれば チャンバラを避け マイポイントを探し 自由にのびのび採集やら観察をしたがり そこにはロマンもあり それが分布調査やら生態の新知見etc.にも繋がって行きます。
今 カメラを持って歩くと 写真目的 という言葉に実に違和感を覚えます。
虫目的じゃないのか?と ヒョウタンツギといっしょに吹き出しが出てしまいます。w
虫関係の各団体も その写真目的の方が増え 殺さないのアイデンティティの一点張りでバトラっちゃってて ぐっちゃぐちゃという話を良く聞きます。
ベタな表現ですが 我々はネット社会の中で 虫関係の巨大な団体に所属してる様なもんだから 理想的なカメラー像を風土として作るとしたら 自戒ばかりでは少し窮屈なので 能動的に虫目的な方へシフトするって言う提案は如何でしょう?。
Commented by 辺蟲憐 at 2014-07-16 16:22 x
丁寧にもレスって頂き恐縮です。
今↑読み返してみるとサーベルはセーバーの方が良かったですな〜。w
TG-2の私はTG-3のmamaさんに圧倒されそうですね。
こりゃ水棲昆虫も撮れるな〜なんて言いながら買ったっきり 未だにザブンと水に浸けられない私がいます。w
Commented by puntamama at 2014-07-16 21:12
辺蟲憐さん!
> 今↑読み返してみるとサーベルはセーバーの方が良かったですな〜。w
                       ↑  やっぱそこですか! (爆) 

> TG-2の私はTG-3のmamaさんに圧倒されそうですね。
> こりゃ水棲昆虫も撮れるな〜なんて言いながら買ったっきり 未だにザブンと水に浸けられない私がいます。w

圧倒してみせます! ^^;
私もかなり勇気要ると思います (笑)
防水なので専用の液晶保護フィルムは無いと言われたのに、トンボの水中産卵なんて夢見ているのに
「多分あまり水には入れないから・・・ 」 と探して貰って買いました (笑) 
ヨドバシ店員さん流石に商品知識も豊富で親切でしたよ! (^^) 
なんでも液晶が直線でないので取説のサイズではない方が良いですよ!とわざわざモノサシで計って探してくれました @@
惜しむらくはリモートのレリーズが使えないこと WiFiでiコントロールだって! 
ガラ携の私はどうすりゃいいんだ~~ ーー;
 
by puntamama | 2014-07-13 21:58 | 昆虫 | Trackback | Comments(13)

生き物全般、草花、雲や風!自然が大好き! 光と眼差しを感じられる一枚が撮れたら良いなと思います。


by puntamama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30