オオアオイトトンボ

          横画像は左クリックで大きくしてご覧下さいませ

      オオアオイトトンボ の ラブラブ・ペア 053.gif 053.gif 053.gif                      掲載トンボ 33種目
e0249878_21334034.jpg


     オオアオイトトンボ は 藪の中で生活するトンボです 
     探すのは、ヤブ蚊との戦い覚悟? 042.gif 042.gif 042.gif
  
      アオイトトンボ  と反対に、オオアオイトトンボはメスしか見つけられないでいました
     9月29日もやっとペアを見つけたのも束の間、あっと言う間に藪の中へ飛ばれて見失ってしまいました (ーー;)
     ところが散々歩いてもう帰ろうと思った時、うっすらと夕方の光を浴びたペアを発見! 
     うれしい~~  041.gif 041.gif 041.gif






      見つけた位置から考えると、見失ったのと同じペアかも  016.gif 016.gif 016.gif
e0249878_2148461.jpg

       逆光で色が出せませんでしたが ーー;
       アオイトトンボ と比べると少し大きいですが・・・ オスもメスも地味な印象 
       目立つ青い眼もないので一旦見失うと、草や枝に同化してしまって目を凝らしても見えない 042.gif 042.gif 042.gif
       藪のなかでひっそり暮している感じがありありのトンボさんです (^^;




      メスの尾部は異様に大きくガッシリしてます
       このしっかりした産卵器でメスは木の樹皮の下などに卵を生み付けるのだそうです 005.gif 005.gif 005.gif
       孵化したヤゴはどうやって生きているのだろうか?と不思議に思います
       
e0249878_21584353.jpg




      
e0249878_224486.jpg




      ここからは、9月14日の撮影です
       この時は羽化したばかりだったのか・・・ 
       同じブッシュの下に数匹がいましたが全てメス
e0249878_2245528.jpg




      #5 と 同一個体 細長いビーズを連ねたようにに、節々が目立ちます 037.gif 037.gif 037.gif
e0249878_2252259.jpg




      一際綺麗な体色の個体がいたので オス?と期待したのですが・・・ これもメス (^^;
e0249878_2254983.jpg




      使用レンズ CANON EF100mm f/2.8L Macro IS USM   タテ位置のみ上下をカット 他トリミングなしです ^^

      薄暗い藪の中にいるのでなかなか難しいモデルさんでした




トラックバックURL : http://puntamama.exblog.jp/tb/21143473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kame-photo-2 at 2013-10-02 22:23
こんばんはです!
オオアオイトトンボ、自宅近所では例年10月イッパイは見れるはず・・
なので薮蚊の大群が収まるのを待ってる状態なんです(笑)
ただいろんな事情で水の流れも悪く、環境が変わりつつあるので撮れるかどうか・・
環境変化と言えば先日の台風で、よく行くポイントが大増水でメチャクチャに・・
来シーズンが心配です(涙)
Commented by puntamama at 2013-10-03 12:53
こんにちは~ kame さま ^^
トンボは秋遅くまで見られる種類が意外と多いですね!
藪蚊は困るのですが --:
私は 体温が低い為か、否、"ばぁさんは不味い!" と思われて案外刺されなくて済んでいます (漠)

温暖化や異常気象・・・ 地球も生き物も人間もピンチ
先日の台風は、河原で生きているものには過酷な状況だったのですね
by puntamama | 2013-10-01 22:17 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)

生き物全般、草花、雲や風!自然が大好き! 光と眼差しを感じられる一枚が撮れたら良いなと思います。


by puntamama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30