わぁ 綿ゴミに目がある~ (@@  - エノキワタアブラムシ -

e0249878_0464435.jpg
エノキワタアブラムシ (榎綿油虫)   カメムシ目ヨコバイ亜目 アブラムシ科マダラアブラムシ亜科

葉っぱの上に動く綿ゴミが!
これは もしかして 噂の ベッコウハゴロモの幼虫かも?
期待を込めてファインダーを覗いたけれど
遠くて良くわからない~ (+。+)

PCに取り込んでみたら
ひゃ~目(多分) がある /◎ o ◎\






e0249878_0512227.jpg
無理矢理拡大してみました (^^;
大きさはせいぜい5mmくらいです


e0249878_054810.jpg
 触角もあります
 生き物です (ビックリ)
 ゴミじゃなくて 綿子さんです


e0249878_0544016.jpg
 これは綿が少なくなっていて翅が見えます

続きの3枚はわかりやすいようにコントラスト強調してあります


いろいろ探してみましたが
結局 なんの虫の子供か判らず仕舞い 


少し離れたところには ベッコウハゴロモの成虫が何匹もいましたが
回りにはアシナガバエとか蜂ばかり 
お母さんは誰なんだろう?

それにこの綿子さんは空を飛んでも(飛ばされて?)います
田舎ではいつも目にしていましたが 
植物の種が舞っているのだと思っていました (^^;

見る目が変わると 同じものも違って見えるのですね 


その後の検索の結果 エノキワタアブラムシの成虫 と同定しました
ハゴロモと違って成虫になっても蝋物質で出来た綿を纏っています

アブラムシの生態は無性生殖があったりかなり複雑な様ですが
簡単に言うと 成虫にも翅がある個体と無い個体がいます
(これは普通の園芸植物につく緑色のアブラムシも同じですね)
トップの1枚と拡大した2枚目は 無翅形でしょうか?
3枚目4枚目は有翅形ですね
敏感に動き 有翅形は風に乗って飛びます



ワタアブラムシ一般を 綿虫 と呼んだり
北国では雪虫 と呼ぶそうです
冬の間寄生する植物を変えるため、晩秋に沢山の虫が飛ぶのが見られ
もうじき雪の季節がくる兆しとして親しみを込めて呼ばれるそうです

ただし本種のエノキワタアブラムシは1年中エノキにいるそうです





トラックバックURL : http://puntamama.exblog.jp/tb/18694496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by kame-photo-2 at 2012-08-23 21:54
こんばんはです!
近くに綿ゴミ沢山ありました?
ベッコウよりもアオバハゴロモに近いかもですが・・
Commented by puntamama at 2012-08-24 14:54
> kame-photo さん こんにちは!
綿ゴミ、複数ですがすごく沢山ていう程ではなかったです
でもアオバのように沢山で固まってはいる訳ではなくて
全員元気に動き回っている綿ゴミでした (笑)
あっちにもこっちにも という感じでしょうか?
移動のためか広い空中を舞ってもいました

それとこの地域ではスケバとベッコウは見ましたがアオバの成虫は見かけませんでした
地元の埼玉ではアオバ気持ち悪いほど沢山、親も子も固まっています (==)
by puntamama | 2012-08-23 01:07 | 昆虫 | Trackback | Comments(2)

生き物全般、草花、雲や風!自然が大好き! 光と眼差しを感じられる一枚が撮れたら良いなと思います。


by puntamama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31