ひときわりっぱな マムシグサ (蝮草)

e0249878_1311383.jpg
                                サトイモ科テンナンショウ属

霧ヶ峰の八島が原湿原で見かけた1m以上もある立派な株です
この湿原には沢山マムシグサが生えていますが
その中でも一本ですっくり立つ姿がマムシの主のようで印象的でした

茎(本当は葉っぱの一部らしい) が おしゃれな模様です
ここでは仏炎苞が緑色のものばかりを見ましたが (普通は暗紫色)
緑色のものを区別して 「カントウマムシグサ」 とか 「アオマムシグサ」 と呼ぶようです
緑も紫もどちらも有毒です







e0249878_1412441.jpg


車山の方でみた違う個体ですが仏炎苞の内部
e0249878_1413925.jpg

秋になると真っ赤な実の塊になってとても目立ちますがちょっと気味悪い




おまけ  
仲間たち

ウラシマソウ (浦島草)
e0249878_1514094.jpg
濃い紫色の仏炎苞
薬用になるそうですが・・・

e0249878_29410.jpg
秋の実です 


カラスビシャク (烏柄杓)

e0249878_1531685.jpg
全体が明るい緑色で小型の草。
田の畦などに生えて良く殖えるので雑草扱いされます
乾燥した塊茎は漢方薬になるそうです





    =^_^=
大好きな猫たち について
娘のぷんた がお伝え中!
  ぷんたの猫語り
 もよろしくお願いします!
トラックバックURL : http://puntamama.exblog.jp/tb/18307987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by puntamama | 2012-07-04 02:12 | 植物 | Trackback | Comments(0)

生き物全般、草花、雲や風!自然が大好き! 光と眼差しを感じられる一枚が撮れたら良いなと思います。


by puntamama
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31