巾着田 - その周辺

日和田山中腹の金比羅神社より望む巾着田

e0249878_22181617.jpg

巾着田は高麗川にくるりと囲まれて、まるで “きんちゃく”のようになった地形です。
曼珠沙華はその高麗川に球根が運ばれて巾着形の岸に根付いたそうで、
全く自然に形成された大自生地なんですね。


三脚のすべり台で遊ぶ七人の小人さんたち
e0249878_22283790.jpg

納屋の壁に楽しい光景が 003.gif
こんな楽しいことをしてくれるお父さんちの子供にたりたいね!!
トラックバックURL : http://puntamama.exblog.jp/tb/15729650
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by みけ at 2011-10-16 22:04 x
おお、上からだとこんな風に見えるんですね。まさに巾着。
なるほどあの曼珠沙華の林は流れ着いたものが根付いた自生地なんですね。
高麗川はかわせみもいたりして清冽だし、自然の生み出した名所と思うと
また感慨深いものがありますね~。

ああ私も帰りに見かけました、この壁絵。
専門の人が描いたんですかね…自作にしては上手すぎる(^^;
こういう和む趣向の遊び心はいいですよね~。
Commented by puntamama at 2011-10-17 12:29 x
みけさん ご訪問&コメント有難うございます。

私は、まず高麗川の水の清々しさに驚きました。
カワトンボもいたり、生き物が豊富なんですね・・・
カワセミにも出会いたいし、また行ってみたいです。

日和田さんは、駐車場の人に勧められて登ってみましたが・・・
登り口で出会った農家のおじさんに なぜか「"男坂"をのぼりな!」と言われ…(笑)
何もリサーチして来なかった私め、素直におすすめコースに…
ところがこれが結構な岩山でして… 両手を使わないと'登れない状況。カメラは'ナップサック'に容れられたものの、三脚を片手に無謀にもトライしてきましたが…(山ザル根性かな)
頂上に着いてみれば楽チンな'女坂'もあったとさ(笑)

それにしてもあのおじさん、なんで私には'男坂'だったのかなぁ???
by puntamama | 2011-10-05 00:53 | 風景 | Trackback | Comments(2)

生き物全般、草花、雲や風!自然が大好き! 光と眼差しを感じられる一枚が撮れたら良いなと思います。


by puntamama
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31